close

  • 祖国、ポーランド共和国に忠を尽くせ
  • 科学

  • 2 日 7 月 2014 年

    『キュリー夫人の科学技術への偉大な貢献・キュリー夫人没後80周年記念講演会』

    駐日ポーランド共和国大使館、サイエンス・スタジオ・マリーの共催で開催された記念講演会には、目黒区議会、学会および報道関係者等およそ100名が参加されました。オープニング・スピーチにおいてツィリル・コザチェフスキ大使は、現在ポーランドのみならず欧州の科学者がキュリー夫人の跡を追い、革新的な発想と創造性で世界を驚嘆させていることをあげ、キュリー夫人の偉大な科学的業績はポーランドの誇りであると述べました。

    特別ゲストとしてお迎えした2012年ノーベル化学賞有力候補者 藤嶋昭 東京大学特別栄誉教授、東京理科大学学長は「キュリー夫人の研究と発見は科学の進歩に計り知れない貢献をした。」と強調した上で、キュリー夫人の業績は、多くの研究分野に革命的な変化をもたらし、その発展と近代化の出発点となったと述べました。

    講演会では、キュリー夫人の生涯と功績を振り返るとともに、『New technologies - discover Poland』に掲載されたポーランド人研究者たちの最新の研究を紹介する場となりました。

    MSC (1)
    MSC (10)
    MSC (11)
    MSC (12)
    MSC (13)
    MSC (14)
    MSC (15)
    MSC (16)
    MSC (17)
    MSC (2)
    MSC (3)
    MSC (4)
    MSC (5)
    MSC (6)
    MSC (7)

    Print Print Share: