close

  • 祖国、ポーランド共和国に忠を尽くせ
  • 領事館関係

  • ビザ申請をされる皆様へ

    査証に関する必要書類等の変更のため、現在本ページの内容は最新ではありません。

    内容が更新されるまで、申請を予定されている方は領事部にメールでお問い合わせください。

    tokio.amb.wk@msz.gov.pl

     

     

    ポーランド、あるいはポーランド以外のシェンゲン協定国への渡航を

    予定している外国籍の方たちへ

     

     

    どういった査証が必要?

    【シェンゲン査証C】

    ポーランドあるいはシェンゲン加盟国領内に入国した日から半年の間に90日以内の滞在を希望する場合、あるいは車両、列車、航空機などによりシェンゲン加盟国領内を通過する場合、シェンゲン査証Cを申請する必要があります。

        

    通常のシェンゲン査証Cを取得すれば、全てのシェンゲン協定国に滞在できます。

    限定シェンゲン査証Cでは、ポーランドおよび決められたシェンゲン加盟国にのみ滞在できます。

    【ポーランド国査証D】

    ポーランドに入国した日から半年の間に、91日以上の滞在を希望する場合、査証Dを申請する必要があります。

        

    ◆ポーランド国査証Dを所持していれば以下が可能となります。

    ・ポーランド領内にヴィザの有効期間内、許可された日数の滞在

    ・半年の間に3ヶ月以内の、シェンゲン加盟国領内の旅行

    【空港トランジット査証A】

    シェンゲン加盟国内(ポーランド国内)の空港で航空機を乗り継ぐ場合で、さらに以下の2項目に該当する場合、空港トランジット査証Aを申請する必要があります。

    (1)空港の国際線エリアを出ない場合

    (2)次の国籍を所持する場合:アフガニスタン、バングラディシュ、コンゴ民主共和国、エリトリア、エチオピア、ガーナ、イラン、イラク、ナイジェリア、パキスタン、スーダン、スリランカ

    • ◆ 空港トランジット査証Aは、空港内の国際線エリアの通過・滞在のみを可能とするものです。エリア外への退出、あるいはシェンゲン加盟国領内への入国はできません。
    • ◆ 他のシェンゲン加盟国の空港で航空機を乗り継ぐ場合は、該当国の大使館/領事館にお問い合わせください。

     

    Print Print Share: